フィンチェーン

沿革

沿革

近年、他の製造者に関して当社との相違点の重要性を主張しています。世の中は現在コピー品であふれています。フィンチェーンシステムのアイディアはペッカ・トゥオミコスキ(Pekka Tuomikoski)によって1980年代にはすでに発明されていました。今日高く評価されている彼の考えは、多様で時代の先を行くものでした。

Ketjumyynti Oy

1982年にトゥオミコスキはKetjumyyntiという社名でチェーン分野における会社を設立しました。新たな需要により、全く新しいチェーンモデルと事業アイディアの発展、そして商業的な実現についての考えが生み出されました。従来のチェーンでの解決法では彼は満足しませんでした。

ノッチチェーンと駆動ホイールの誕生

既に同年にチェーン分野において、画期的で独創的な開発である初期のチェーンモデルと駆動ホイールモデルが製造されました。全く新たなチェーン技術は専門家だけでなく、同業他社をも納得させました。

トゥオミコスキは、新しいタイプのノッチチェーンに加えて駆動ホイールを開発しました。この技術は浄水処理、つまり汚泥チェーンかき寄せシステムに使用されています。1984年にすでにヘルシンキとラハティ、ハメーンリンナの下水処理場は試験対象となることを希望し、新たな軽量構造でエネルギーと維持に配慮した製品を利用しました。これらの下水処理場で、従来のシステムに比べ新たなシステムは多くの利益をもたらしました。ユーザーエクスペリエンスは、異なる季節において気候条件の厳しいフィンランドで成し遂げられる必要がありました。

家族経営と国際性

1990年代の初期には既に、Ketjumyyyntiはフィンランドの市場において主導権を確立していました。そしてそれは、ヨーロッパや世界のより大規模な市場への可能性を切り開きました。トゥオミコスキは娘レーナ(Leena)とともにアイディアを集結し、国際化することを選びました。家族経営のフィンチェーン株式会社は、新たなテクノロジーを世界に広めるために1992年に設立されました。国内市場での事業は「Ketjumyynti」の名のもとで継続されました。

ペッカ・トゥオミコスキは、代表取締役社長で娘のレーナを伴い、会長として継続する事に決めました。

国際見本市に定期的に参加することで、会社とそのシステムが認知されるようになっていきました。国際市場への当社の方向性の重要な局面は、ギリシャのアテネにあるPsyttalia浄水場でした。当社は128機の汚泥かき寄せ機システムを浄水場に納品しました。一つの配送においても、ヨーロッパでこれまでなされたもので最大級でした。プロジェクトは1年以内で実現し、また優れた実績により当社のビジネスは厳しい輸出市場において発展しました。

イノベーション

継続的な製品開発に向けて、当社は製品に以下の基準を設けています。

  • 軽量構造、安定性、信頼性、省エネルギー。
  • 原料に求められる最高品質を満たすこと。
  • 信頼性の高い運転、24時間稼動
  • 簡単かつメンテナンス不要の運用
  • 異例の長期使用期間
  • 世界中に配送、適正な納品期間
  • 国際的なISO9001規格に準拠
  • 分野におけるプロフェッショナルな代理店
  • 購入価格、運用、メンテナンス、エネルギー消費に基づく経済的な価格と長寿命
  • 保守寿命
  • ROI(投資利益率)

フィンチェーン株式会社の今日

今日、多くの特許によって保証され、多様なシステムに結びついた、分野での革新的な開発事業で好評なトゥオミコスキの考えに基づきグローバルシステムサプライヤーが設立されてきました。

フィンチェーン株式会社は40カ国以上において輸出活動の幅を広げてきました。当社は、四半世紀にわたってエンドユーザー様がフィンチェーンのソリューションを利用されているという実績を自信を持って示すことができます。

当社の分野における強固な画期的知識、将来へのクリアなビジョン、そして戦略的目標は、信頼できる協力パートナーになることを保証します。