導入事例

コトカ

フィンランド、コトカ

従来のブリッジかき寄せ機に代わり、最初の円形沈殿池用チェーンかき寄せシステムが2003年にMussaloの下水処理場に設置されました。この経験に基づいて、Mussaloの下水処理場はフィンチェーンのかき寄せ機を継続することにしました。

拡張後(2008年から2009年)、Mussaloの処理場は下記のフィンチェーンかき寄せ機を使用しています。

沈殿池型
最初沈殿池
第二次沈殿池
第二次沈殿池
汚泥濃縮槽
沈砂かき寄せ機 – 長方形池
サイズ
⌀ 26 m
⌀ 36 m
⌀ 39,5 m
⌀ 13 m
20 m x 1 m
数量
3 沈殿池
2 沈殿池
2 沈殿池
3 沈殿池
3 沈殿池


files/img/kuvitus/references_kotka1.png files/img/kuvitus/references_kotka2.png files/img/kuvitus/references_kotka3.png