汚泥かき寄せ機(長方形沈殿池用)

池上と池底が連結したかき寄せ機

池上と池底が連結したかき寄せ機

最も一般的なチェーン式かき寄せ機は汚泥を効率的に池上と池底の両方で集めていきます。 池上、池底連結の組み合わせはフライトが沈殿池内側面に対し4セットのホイールで稼働します。フライトが池底では汚泥をかき寄せてホッパーに落とし込み、戻り時に池上ではスカムを集め、傾斜をつけた樋が傾いた際に流し込みます。池底の汚泥を押しやる部分には、フライトに対し直角に汚泥を最後移動させるパーツを別途据え付ける事も可能です。通常困難な形状の沈殿槽に対しても当社のシステムをご提案可能です。
 
池上―池底かき寄せ機のシステムは、最初-および最終沈殿池両方で使用可能です。
 
フィンチェーン社のソリューションは各種特許取得によって信頼性、部品およびシステムの寿命、節電そして保守の負担軽減を支えています。かき寄せ機のシステムの信頼性、効率性そして寿命の長さは業界トップクラスであり、投資するだけの価値が有ります。

 

 

導入事例

 

PSYTTALIA >>