PINTALIETTEEN POISTO

FinnFlow

特許取得のインテリジェントFinnFlow® - 表面スカム除去のシステム

インテリジェントFinnFlowシステムは安定性があり、省エネルギーかつ低メンテナンスシステムにするため天然水の流れを利用しています。このシステムは表面スカム除去を必要とするすべての沈殿池に適しています。

FinnFlowコレクターは流れを作るために、除去パイプや清流用管に接続することが可能ということが前提条件となります。

運用原理

https://finnchain.fi/wp-content/uploads/2019/07/finnflow1.png

活用

FinnFlowシステムの最も一般的な活用場所は、かき寄せフライトがFinnflowコレクターの付近に汚泥を運ぶ最初・第二次沈殿池です。

https://finnchain.fi/wp-content/uploads/2019/07/finnflow2.png

運用メカニズム

FinnFlowシステムは水位差を活用するコレクターへ表面スカムを収集します。
継続的な流れを使用するので、すでに浄化処理された水は表面スカムを伴ってきます。

https://finnchain.fi/wp-content/uploads/2019/07/finnflow3.png

最高の結果へ

システムのインテリジェントテクノロジーは、浄化処理された水をコレクターの底にあるパイプを通して洗浄された水用の除去パイプへ運ぶ間、表面スカムをコレクターの内側に位置する小さな箱へ導きます。水の動きは異なる水位のそれぞれの段階で調整されます。

浮遊スカム除去の新特許取得テクノロジー

https://finnchain.fi/wp-content/uploads/2019/07/finnflow_operating_principle.pngさらに広い面積の表面からスカムをかき集めるために、FinnFlowシステムは水圧の違いに基づいた継続的な天然水の流れを利用しています。流れといっしょに伴うスカムは、スカム除去パイプへ移動し、処理された水は越流堰に移動します。システムはモーターや電力なしで運転され、スカム除去は水の流れを利用して運用します。

水位レベルを調節することで、スカム除去の効率を制御することができます。

Finnchainのスカム除去システムは自動的に水位に従い、少なくとも±3 cm以内の水位変化に対応できます。

運用箇所

https://finnchain.fi/wp-content/uploads/2019/07/finnflow_operating_sites.png浮遊スカムが液体の表面から除去されるすべての箇所

システムを使用する上で最も一般的な場所は、チェーンかき寄せ機が浮遊スカムをスカム回収ボックス付近に移送する、下水処理場の最初か最終の沈殿池です。

FinnFlowシステムは小型の沈殿池、例えば沈砂かき寄せ機やプレートのある沈殿池などにも適しています。

FinnFlowシステムは浮上槽にも適しています。

FinnFlowシステムの活用

FinnFlowシステムは沈殿池、沈砂かき寄せ機や浮上槽などに使用されます。特に窒素除去を加えることで、予備沈殿池では表面スカムが大量になることがありえます。Finnflowはさらに大量の表面スカムを扱うことができるので、この問題を解決します。フィンチェーンのシステムは既存の沈殿池に設置可能です。

下水汚泥からのバイオガスの製造

FinnFlowシステムは表面スカムをフレッシュに保つのに役立ちます。

下水汚泥は、分解によってバイオガスを生産するのに使用され、その生成されたエネルギーは熱や燃料に利用されます。よりフレッシュな生汚泥がメタンタンクに送られると、より多くバイオガスの回収できます。一般的に使用される表面スカムの除去システムで、移送を待機するため越流トラフの直前で表面スカムが集められます。FinnFlowは直ちに表面スカムを移送するので、結果汚泥からのバイオガスの回収率を向上します。

FinnFlowシステムの優れた強み

https://finnchain.fi/wp-content/uploads/2019/07/luotettava.png

信頼性

システムは大型沈殿池でも同様に確実に動作します(パイプの曲折は問題ありません)。FinnFlowは沈殿池の水位の変化に応じて浮動で調整されているので、水位で5センチ前後以内の極端でない変化はシステムの機能を損ないません。

https://finnchain.fi/wp-content/uploads/2019/07/taloudellinen.png

低ランニングコスト

Finnflowのシステムは自動操縦のモーターを必要としないので、エネルギーをセーブします。システムには少数の可動部品があり、それは予備部品の必要性が最小限に抑えられ、パーツは長寿命であることを意味します。

https://finnchain.fi/wp-content/uploads/2019/07/ymparisto.png

効率

小型沈殿池用に、フィンチェーンシステムだけで、継続的な水の流れによって沈殿池の表面を十分清潔に保ちます。

https://finnchain.fi/wp-content/uploads/2019/07/innovatiivinen.png

メンテナンスの容易さ

可動部品の個数を減らしたことで、メンテナンスの回数も減らすことができました。システムにモーターはありません。